女性取扱いスキルが高い

長い人生を過ごすうちに、男性はいろいろな女性と関わってくるものです。同級生と、あるいは先輩・後輩と、あるいは職場の仲間たちと…そんな中で、男は女性の扱い方というものを学んできます。オヤジがモテるのは、この「女性取扱いスキル」が若い男性と比べて圧倒的に高いからでしょう。この技術は、どんなシーンで役立ってくるのでしょうか。

プレゼントを渡すなら…

女性経験が豊富なオヤジたちは、プレゼントも実に上手に選びます。決してマスコミが垂れ流す「○○が流行している」という表面的な情報に流されることはありません「彼女が欲しいと思っているもの」を贈ってあげること、これが最善と知っているわけです。

プラダのバッグやディオールのアクセサリー…そんなもの以外にも、女性にはその時々に欲しがっているものがあります。たとえば1人暮らしを始めたばかりの女の子ならば、バス用品は一式欲しいところ。可愛いバスチェア、浴室用の音楽プレーヤー、バスタオルとローブ。そんなものをまとめてプレゼントしてあげると彼女は確実に喜んでくれます。

状況に合わせたプレゼント対応…これも女性取扱いスキルの1つでしょう。

どこで何をすればいいのか

オヤジたちは、デートスポットの選択にもまったく苦労しません。これまでの経験から、「あそこでこれをすれば盛り上がる」「食事はこの時間にここで取ればいい」…そんなすべてを知りつくしています。彼女の気持ちを考えて上手なデート設計ができるわけです。天候やその日のノリで目的地をふらふらと変える若い男性には決して真似できないことです。

もちろん、艶っぽい雰囲気になったときに入ることができるホテルの場所も、すべてオヤジの頭には入っています。部屋を探して女性を歩き疲れさせることはありません。

プレイは楽しまない、楽しませる

またオヤジたちは、ベッドでもそのスキルをいかんなく発揮してみせます。ガツガツと女体に挑みかかるだけの若い男性とは違い、ゆっくりと時間をかけて前戯を行い、それから彼女たちの中に入ってきます。途中で性器がしなびてムードを台無しにすることがないように、デートの前には時間に余裕をもってバイアグラを服用…万事に抜かりがありません。彼女を楽しませてあげることが自分の楽しみ、と心得ているわけです。

これらのスキルを持った男性こそが、真のモテオヤジです。あなたもこれまでの女性経験を活かして、若い娘を本気でエスコートしてあげませんか?