神秘的な魅力…クール系オヤジ

何事にも動じないクールなオヤジ…堂々たる落ち着きを持った男性も、世の女性から大人気です。イメージは「ゴッドファーザー」のマーロン・ブランド、あるいはアル・パチーノ!? クールなオヤジの特徴を知って、あなたも雰囲気作りに努めてください!

変化しない表情

クールなオヤジは滅多なことでは表情を変えません。何を考えているのかわからない、底知れぬ落ち着きを感じさせるポーカーフェイス。女の子が何か失敗をしたときも、「大丈夫か」と言って近寄り、あとは無駄口を叩かずに最後まで手伝ってあげる。あるいは女性が涙を浮かべているときでも、決してもらい泣きなどすることなく、泣き止むまで黙って一緒にいてあげる…。どんな場面でも揺るがない無表情が、女性の心をくすぐります。

物静かにしてミスティック

この手のオヤジは、何事に対しても必要最小限の言葉しかしゃべりません。その分彼らの一言は重みがあり、その発言だけで重要な事項が決定されることも。声を荒げることは決してせず、自分が正しいと思うことを超然と述べてみせるクール系オヤジからは、ミスティックな印象さえ漂います。「なんて謎めいた人なんだろう」「この人のことを、もっと知りたい」と、女性の心もうずうずします。沈黙は、饒舌よりも雄弁ということでしょう。

時折見せる無防備な一面

もちろん彼らだって人間です。毎日毎日、朝から晩まで完全無欠のクールを貫くことはありません。たとえば喫煙所で放心したように煙草を吹かしているその姿。あるいはちょっとしたミスをしてしまって、「やっちゃったな」と苦笑いするその表情…普段の無表情のとのギャップに、「ああもうこの人じゃなきゃダメ!」と女性も完全に取り込まれます。

すべてのクール系のオヤジたちが、真にカッコいい男性というわけでもありません。半分以上がただのパフォーマンスということもあり得ます。その理由は、単に人付き合いが苦手だったり、口下手だったり…黙ることでしか、うまく他人と距離を取れないから。

かし、そんなコミュニケーション不全者も、外見や仕事ぶりによってはとてもカッコいいオヤジに映ります。実は、いい年してちょっと人間関係が苦手で…という方は、その短所を活かして(!?)クール系のオヤジに変身してみてはいかがでしょうか?