オーデコロンを使うオヤジはモテない

オヤジになると「加齢臭」というのがするそうです。老廃物の量が増えるのか、後頭部から首筋付近を中心に、イヤな匂いが発せられます。毎日きちんとお風呂に入り、体を洗っていればそれほど気になることはありません。それなのに、異常に匂いにこだわって、高級ボディソープを使ってみたり、オーデコロンを体中につけたりするオヤジがいます。むしろ、香りの強いおじさんは「奇妙」だと思われてしまいますので、ほどほどにしましょう。

バラの香りがするおじさんなどモテるはずがありません!

「バラの香りに素敵なおじサマを感じる」などという雑誌記事にダマされて、1本5千円もするようなボディソープを使うオヤジもいます。石鹸メーカーとのタイアップ記事にすぎないのに、本当に女性に気に入られる効果があると信じてしまうのです。溺れかけた人が藁をもつかむ気持ちになるのとどこか似ています。

オヤジがバラの香りを振りまいたくらいのことで、若い女性が「コロリ」となるなどということがあるはずがありません。そんなに簡単に女性の心を動かせるなどと考えるとすれば、今までの人生で何をしてきたのかと疑われても仕方ないでしょう。陳腐な雑誌記事に踊らされるのはやめましょう。

オヤジがバラの匂いなどさせていたら、むしろ気持ち悪いと思われるだけです。40代、50代になってそんなものを使うのは異常です。20代ですら使いませんし、下手をすれば、変な趣味があると思われても仕方がありません。「部長ってゲイじゃないの?」などと、給湯室で噂になる前にやめるべきでしょう。

加齢臭をオーデコロンでごまかすのもカッコ悪い

加齢臭については、色んな雑誌でたたかれています。匂いが出るのは避けられないので、清潔を心がけて、夜にはお風呂でちゃんと体を洗い、朝は新しい下着を身につけるなどする必要はあるかも知れません。ただ、自分の匂いが気になるからと、オーデコロンをたっぷりとかけるとむしろ気持ち悪がられます。

「部長ってさあ、妙な色気を出そうとしているんじゃないの?」と、女子社員の間で噂をされるのが関の山でしょう。オーデコロンは、自分では気が付きませんが結構周りの人には匂うものです。電車の中では鼻をつままなければならないほどに、匂ってしまうケースもあります。

匂いの元は、加齢臭よりもタバコや歯周病による口臭などです。タバコをやめたり、吸ったあとには口をゆすぐ、歯医者で歯のクリーニングを受けるなどの匂い対策をすることが大切でしょう。基本的にだらしのない生活をしていると、匂いが強くなります。お酒を飲み過ぎたり、夜更かしをしたりしていると、加齢臭もきつくなります。しかし普通に過ごしていれば、気にすることはありません。

雑誌の記事に踊らされて、高給な石鹸を使ってみたり、オーデコロンを使ってみたりするのはやめましょう。変に誤解を招くだけです。普通の生活をして体を清潔にしていれば、人に不快感を与えるようなことにはなりません。