外見のマイナススパイラルがモテない原因!

チビ・ハゲ・デブの男性の多くは、外見にコンプレックスを持っています。しかし、女性誌などのアンケートによると、最近の若い女性たちの大半は、そうした見た目にはほとんど関心がありません。身長・体重・髪の量は男性がモテるモテないには関係ないのです。でも、実際にはチビ・ハゲ・デブの男性の多くがモテません。

それは何故かといえば、外見が嫌われているのではなく、外見を気にして自信を無くしている姿が嫌われているのです。つまり、背が低くても太っていても髪が薄くても、自信満々の男性はモテるということです。チビ・ハゲ・デブのマイナススパイラルを克服することがとても重要です。ポジティブにとらえることさえできれば、モテるオヤジに変われます。

ハゲを気にしない若い女性たち

若い女性にアンケートをとると、この20年くらいの間に、ハゲを気にしない人が急増したことがわかります。熟年オヤジたちは、昔の常識から「ハゲは嫌われる」と思い込んでいますが、今や常識が変わったのです。若い女性はこんなことを言っています。

「ハゲは全然気になりません。ただ、異常にそのことを気にして神経質になっている男性の姿はカッコ悪いというか、みっともないと感じます。ほんのわずかしかない髪で必死に頭皮をかくして、奇妙な髪形になっていることに気が付かないとか、いつも髪に手をやって気にしているとか。見ているこちらも、ついつい頭にばかり目が行ってしまい、相手のことに注意がいきません」

ハゲている人は、わざわざ自分で「このハゲ嫌でしょ?」と注目させるような行動をとっているのです。その行為が、相手に不快感を与え、好かれない原因となるようです。

身長の高い女性が増えています

一昔前に比べて女性の身長はかなり高くなりました。170センチを超える人は珍しくありません。街をみていると、そうした高身長の女性が、じぶんよりも背の低い男性とデートしている姿を見かけることがよくあります。最近の若い女性たちは、男性の身長に対する意識が変わってきているのです。

インターネットの隆盛とも関係がありますが、現代はコミュニケーションが難しい時代です。相手に気をつかって会話をしなければなりませんし、周りの空気を読まないと「KY」などとバカにされたりします。こういう時代だからこそ、女性は話しやすい男性を好みます。そのため、中には「背の高い男性は怖い」と感じる人も多くなりました。大きい人は威圧感があるので、気後れしてしまうようです。

背の低い人なら、そうしたプレッシャーを感じずに接することができ、良い人間関係を築きやすいというのです。「かわいい男性が好き」という女性が増えているのはこうした背景もあるのでしょう。同じように、「デブ」も「かわいい」と思われやすい要素です。

女性たちの意識がかわり、今や、チビ・デブ・ハゲは前向きな要素になりつつあります。自信をもって接すれば、外見などマイナス要素にはなりません。