見てくれ重視の女はお断り!

熟年になれば、誰でも「中年太り」になりますし、多少は髪も薄くなるでしょう。「チビ・デブ・ハゲ」のモテない男3条件をすべて満たしてしまうおやじもいるはずです。しかし、そんなことをコンプレックスに感じるのはまったくの間違いです。実際にモテている男性たちの多くが、チビだったりデブだったりハゲていたりします。モテないのは、そのことにコンプレックスを抱いて自信を無くしている人だけです。

二枚目でないとモテないと思い込んでいる人もいますが、イケメンの中年などどこにいますか? 100人か1000人に1人くらいしかいないのではないでしょうか。 モテてるオヤジはそれに比べて何倍、何十倍もいます。つまり、ブ男がモテているのです。「イケメンおやじとしか付き合わない」という女性もいますが、そんな見てくれにしか興味のない女性は相手にしなければよいのです。そんな女性とセックスしたところで楽しくなどありません。

男性は女性に外見を求めるものです

男性が女性にモテるのと、女性が男性にモテるのとは、根本的に構造が異なります。男性は女性の外見に注目しがちです。美しい顔立ちなのか、目はきれいか、胸は大きいか、お尻は大きいかと気にします。これは、「種の保存」の本能と関係あるでしょう。元気な子どもを産める能力があるかどうかを、外見から判断しているのです。

しっかりとしたお尻でないと無事に出産できないかも知れません。おっぱいが大きくないと十分にミルクを与えられないかも知れません。顔立ちが整っているのは、全体的な健康の証でもあるでしょう。そうした外見的情報をトータルに判断して性欲と結びつけ、女性を選ぼうとするのが男性の姿勢です。男性は、それと同じことを女性もしていると思い込み、外見を気にします。

どんな男性にも「魅力」はある

女性は男性が子どもを養う力があるかどうか、自分を守ってくれる能力があるかどうか、を男性選びの基準にします。外見の良し悪しやセックスの技術は、子どもを産み育てるうえではあまり必要のない事柄ですので、本能は要求していません。女性が求めているのは、家庭を守る能力と言い換えても良いでしょう。ですので、見た目は良いが遊んでいる感じの人間は、敬遠されます。

マジメさや温かさ、生活をするうえでの知恵などを持っている男性を求めるという「本能」を女性は持っています。それらは、普通にまじめに生きてきた男性ならだれでも持っているはずのもの。チビでもハゲでも持っているものです。それをアピールすれば、女性にモテることが可能です。そのことに気づいて、自信を持ちさえすれば、今すぐにでもモテ男になれます。

見てくれだけを大切にする女性は、男性を「飾り」だと考える傾向が強いです。自分がただのアクセサリーになりたくないのであれば、外見重視の女性とは付き合ってはいけません。自分の本質的な部分を気に入ってくれる女性と付き合わないと、熟年オヤジは楽しくはなれないはずです。