覚えておきたい下半身の話

「下半身の元気が無くて…」と嘆くあなた。若い頃のように元気ハツラツな状態が維持できなくなり、その気があっても下半身が反応しなくなっていませんか?このままでは若い女性と付き合っても、ベッドの上で相手を満足させることができません。一体どう対処すれば良いのでしょうか。

下半身の元気がなくなる理由

男性は年齢を重ねると、「精力減退」や「身体の衰え」が生じるようになります。女性は性欲が「30代」でピークを迎えるのに対して、男性は「20代前半」なので、中高年男性の性欲が薄いのは当然のことなのです。

年齢により性欲減退の具体的な理由として、「男性ホルモンの減少」が挙げられます。男性が思春期から20代前半まで性欲が強いのは、男性ホルモンが豊富に分泌されるからです。より具体的に言えば、精巣から分泌される「テストステロン」という成分の分泌は20代がピークなので、それ以降は減衰する一方です。

男性ホルモンが少なくなると、上記の症状に加え、「やる気が出ない」、「記憶力が落ちる」といった症状が現れるようになります。逆を言えば、年齢を重ねても性欲が強く、頻繁に男性ホルモンを分泌している人は、いつまで経っても「若々しい状態」を維持することが出来るという訳です。

少しでも性欲を取り戻すために

上述にあるように、何もしない状態だと性欲は減衰する一方です。とはいえ、「性欲を取り戻す方法」は少なからずあります。キーワードは「食事」と「運動」であり、「健康的な身体」が必要になります。

若い頃は不摂生な生活を送っても、若さでカバーすることができました。ですが、今は健康的な生活を送らないと、すぐに身体を壊してしまいます。健康維持のためには「バランスの良い食生活」と、「適度な運動」、「十分な睡眠」が必要になります。

「仕事で疲れた日はムラムラする」という言葉を耳にしたことがあると思います。人間は本来、「仕事の後は子作りをする」ことを本能的に覚えているので、疲れている時こそ性欲が出やすくなります。よく食べ、よく働いて、よく寝る。このローテーションを繰り返すことで、下半身の元気を取り戻すことができます。

どうしてもダメな時は…

人によっては何をやっても下半身の元気が戻らないことがあります。それはいわゆる「ED(勃起障害)」であり、バイアグラ等の治療薬を服用することで、改善することができます。少しでもEDの疑いがあったら男性専門のヘルスクリニックに足を運び、専門医に診てもらうようにしましょう。

バイアグラは、主成分であるシルデナフィルが、勃起不全改善に良い効果を与えると言われています。よく勘違いしている方がいますが、この薬は精力増強剤のように性欲が高まる薬ではなく、陰茎の血流を改善し、勃起しやすい状態に促すものです。性行為の1時間前に水で服用すれば良いので、鞄や財布に忍ばせておけば安心です。

下半身が強い男性に言えることは、いつまで経っても若々しいこと。絶倫になる必要はありませんが、最低でも彼女達を満足させられる下半身を取り戻したいところです。どうしてもダメな時は専門医に診て貰い、治療薬を処方してもらいましょう。