経験は宝なり~そして武器なり

若い男性が決して持ちえない魅力…それは経験です。長い時間を生きていたオーバーエイジには、彼ら自身も気づいていない魅力がたっぷり! だからモテるんです。 オーバーエイジの男性と、20代の若者たち。その違いはどこにあるか? 考えるまでもなく、生きてきた時間です。40歳・50歳の男性は彼らの約2倍もの人生を送ってきています。そこで培った経験も、女性を魅了する1つのポイントになっているのは間違いないでしょう。本人が自覚していなくても、経験は表情や口ぶりに表れるものです。

良き相談相手としてのオヤジたち

特に若い女性は、誰でも何か1つ以上は必ず悩みを抱えています。彼女たちから相談を持ち掛けられたとき、オヤジたちは、何もうまい台詞を探す必要がありません。 ただ、自分の経験から誠実にアドバイスを与えればいいだけです。心のままの言葉を話すだけで、無知な若年男性との歴然たるギャップをアピールできることができます。 女性は、「頼れる男性」に弱いものです。いくら「男女平等」が社会に浸透しつつあるとはいえ、学校や職場でちょっとした差別を感じることはあるでしょう。そんなとき、優しく悩みを解決してくれる年上男性は、彼女たちにとって欠け替えのない存在となります。

若さゆえの失敗…諭せるオヤジたち

現在の若者たちは、みんな平均的な生き方をしています。「出る杭」になろうともせず、誰もが他人の顔色を窺って、足並みをそろえて生活しているものです。中には、突飛な言動を取って、ウケを狙おうとする人もいます。しかし、基本的に社会に無知な彼らは、うまく周囲の評価を得ることができません。どちらも、若さゆえの失敗、というわけです。 アラフォー・アラフィフの男性であれば、自身の失敗談(あるいは成功談)から、「若いときには○○すればいい」と優しく諭してあげることができます。消極的に生きていても仕方ない、「無謀な賭け」と「価値ある冒険」は違う…どちらも若い女性には金言です。

軽く笑いを交えて

アラフォー・アラフィフは人生が何たるかを悟っています。よって、言葉に妙な圧力がかかることもありません。あまりシリアスになりすぎず、軽くジョークを挟みながら自然なアドバイスをすることができる…若い男性には不可能なトークスキルを持っていることも、大きな魅力です。 人生を長く生き抜いてきた、ということは、それだけ大きな価値を持ちます。本人は自覚していなくても、20代の女性からすれば「未知の世界」をオーバーエイジは見てきています。培った経験と反省を武器にすれば、若い娘を落とすことも難しくはありません。