芸能人のモテオヤジと自分を比べすぎないこと

テレビや映画で活躍中の芸能人のモテオヤジは、たくさんいますよね。特に今、40代以上の渋いイケメン俳優が豊作と言われています。つい自分と比べてしまい、自分との違いに嘆くこともあるかもしれませんが、自分と比べすぎないことが大切です。

モテオヤジな芸能人と比べて悲観しない

たしかに、テレビや映画に出ているモテオヤジな男性は非常に魅力的です。イケメンな容姿も、魅力的な声や演技力もすべてが輝いて見えることでしょう。それに比べて、自分はなんて情けないんだろうと落ち込む人もいるかもしれませんね。

でも、彼らはある意味、視聴者やファンからのモテやウケがないと、成り立たない商売でもあります。自分に人気が無いと、番組や映画のスポンサーから指名されなくなって仕事になりませんからね。なので、芸能人については、モテることも仕事のうちと考えて問題ないのです。そもそも、このようにモテることが仕事につながる彼らと、ならない自分を比べて、必要以上に落ち込むことはナンセンスなのです。

それに、人と比べて卑屈になっている姿はあまり魅力的とは思えません。その理由は。考え方がネガティブだからですね。女性の多くはネガティブな男性を好みませんし、自分ではどうにもならない点を、知り合いでもない芸能人と比べて悲観したところでどうしようもないのです。

モテオヤジな芸能人の良いところを盗もう

モテオヤジな芸能人の良いところを参考に、モテテクニックを盗むというのが賢い方法です。さまざまなタイプの芸能人がいますが、中でも自分とあまりかけ離れていなさそうな人を参考にするのがコツです。

どんな髪型をしていて、どんなファッションを好んで着ているか、趣味や考え方はどうか、一度彼らのことをとことん研究してみましょう。こうすることで、なぜその芸能人が女性からモテるオヤジなのか、具体的に理解できるはずです。オヤジ世代のイケメン俳優だからと言って、誰しもがモテているわけでもないですし、反対にそれほどイケメンとは言えなくても大変にモテている人もいます。

つまり、モテオヤジと言われている人の多くは、理由がイケメンだからというだけではありません。その人の考え方なり、行動が女性の心を惹きつけるだけの魅力があるからですね。その魅力を学び、自分に取り入れられるところはないか、探してみるのです。

もしイケメンと呼ばれる部類の俳優だったら、顔の造り自体は替えられなくても、髪型を参考にしてみる手もあります。自分と少し体型が似ているのなら、ファッションセンスを参考にするのも良いでしょう。また、彼らが興味を持っている分野や、愛読書などをチェックする手もありますよね。

何でも人の真似をすれば良いわけではありませんが、この人のこの部分が良いな、と思ったら素直に取り入れてみると良いでしょう。うまく行けば、自分の魅力をより引き出すことができますし、自分磨きも加速してモテオヤジに近づくことができますよ。とにかく、いろいろと試すことが大切なのです。

まとめ

芸能人のモテオヤジと自分を比べて悲観するのではなく、彼らの良いところを取り入れるようにしましょう。芸能人である彼らと、一般人であるみなさんはまったく別の立場にいる人間であり、わざわざ比べて落ち込む必要はないのです。モテオヤジと呼ばれる芸能人の良いところをうまく参考にして、モテへの道の参考にしてください。