水虫を治して靴下を脱げる足に

40代以上の男性に多く見られる足の悩みのひとつに、水虫があります。水虫自体は治療をすれば完治しますので、早めに皮膚科に相談してください。水虫があるままでは、女性の前で安心して靴下を脱ぐことができませんから、深い関係に持ち込みにくくなってしまいますよ。

水虫があるままでは深い関係に進めない

かゆいだけではなく、見た目も皮膚がボロボロでみっともない水虫。原因は水虫菌の感染によるものですが、一度水虫になるとなかなか治りにくいだけではなく、他の人にも感染させてしまう可能性もある厄介な皮膚病です。

水虫があると、見た目がみっともないほか、足も臭くなるので、靴下を女性の前で安心して脱げなくなることでしょう。となると、女性と深い関係になるチャンスがあっても、気になって肝心なときにうまく行かない原因になるかもしれません。

たかが水虫、されど水虫。女性にモテたいと思っていて、かつ女性と深い関係になるチャンスを期待するのなら、足に水虫がある状態ではけっして良い結果にならないでしょう。女性に堂々と足を見られても大丈夫な状態にするためにも、早めに治療開始をする方が良さそうです。

女性からも特に敬遠される水虫

最近は女性にも広がってきている水虫ですが、やはり男性の水虫については拒否反応を示すことが多いです。自分にうつされたらどうしよう、と思うからですね。女性で水虫にかかる、というのはやはり恥ずかしいという意識がまだ根強く残っているからでしょう。

女性は、長年の夫婦関係になった間柄ならまだしも、これから恋人になるかもしれない男性が水虫だと分かった瞬間にかなり熱が冷めてしまう可能性が高いです。たとえ素敵な男性であっても水虫持ちとなるとそれだけハンデがある、と認識しておきましょう。単に水虫、と聞いただけで嫌悪感を覚える女性も多いですからね。

みなさんに今、気になる女性がいるのなら、できるだけ自分が水虫であることを軽々しく伝えない方が良いでしょう。運よく付き合い始めても、初期段階はちょっとしたことでも別れの原因になってしまうことも。水虫であることが伝わる前に治す、が最良の方法なのです。

水虫は治療で完治するので皮膚科に相談

今もしも水虫があるのなら、速やかに皮膚科に通って完治させましょう。水虫は、治りにくいことは確かですが、不治の病ではありません。命に関わることではないので軽視されていますが、放置すると足だけでなく他の部位にも水虫菌が移る恐れもあります。

それこそ、気になる女性にうつしてしまったら大変です。大切な女性に、水虫をうつしてしまうことにならないためにも、早く完治してしまいましょう。どうしても皮膚科に通う時間がなかったり、通いづらいと感じたりするのなら、市販薬を試す方法もあります。ただし、市販薬の場合は毎日きちんと塗りつづけるなど自己管理能力がより必要になるのも事実。本当の意味で完治させたいのなら、やはり皮膚科が一番です。

まとめ

水虫がある男性は、女性から敬遠されてしまうのは仕方がないのです。それに、自分も気になって女性の前で靴下を脱ぎにくくなるでしょう。水虫を完治させてしまえば、もう細かいことを気にしなくて済みます。また、堂々と靴下を脱ぐこともできますし、足を見られても平気になります。水虫があるとモテからは遠ざかるばかりですから、本気でモテたいと思うのならば、早く治療を始めてくださいね。