爪の手入れを怠る男はモテない理由

男の清潔感と女性慣れの度合いは、手の爪を見せてもらうと一発でわかると言われます。きちんと爪が切ってあって、むしろ深爪するぐらいの状態ならば、彼女やパートナーがいるモテ男である可能性が高いでしょう。逆に、伸ばしっぱなしの場合は、モテない男だと思われても仕方がないのです。

爪が短く切ってある男は女性に困っていないモテ男

爪が短く切ってある男は、現在女性に困っていないか、女性に人気のあるモテ男と言えます。それは、女性に触れるときに長い爪のままだと肌やデリケートな部分を傷付けてしまうことを認識しているからです。特にセックスの間柄にある女性がいる場合は、深爪するぐらいになっている男も多いものです。

反対に考えれば、爪が伸び放題だったり、爪と指の間にゴミが溜まっていたりする男はほぼ付き合っている女性がいるはずもなく、さらにはモテません。もし、彼女なりパートナーがいるのなら、爪のことを指摘されるはずですからね。自分の彼氏の爪が伸びていることに、気が付かなかったり気にならなかったりする女性は多くないでしょう。さすがに、みっともないからとか、当たって痛いから切ってほしいと、言うはずです。

もしも、爪の手入れを怠っていても誰からも指摘されなければ、まったく無頓着な男も多いものです。爪には、男性の女性関係が現れるというのは、真実としか言いようがありません。実際に女性と触れ合う機会がないのですから仕方ないとしても、少し哀れにも思ってしまいますね。

爪が短く切ってある男は清潔に気を配ることができる

爪が短く切ってあることは、清潔に気を配ることができる男であると判断されます。反対に、いつも自分の目に入る手指をきちんと手入れできない場合は、不潔とかだらしないと判断されても仕方ないかもしれません。

男性は女性のようにネイルのオシャレをしませんから、特に爪を長く伸ばす必要もないはず。つまり、短く切ってあってしかるべきなのです。それなのに、伸ばし放題でパソコンのキーボードを打つのにも支障が出るレベルとなれば、もうモテからは圏外になってしまいます。

また、爪が長いとどうしても爪と指の間にゴミが挟まってしまったり、汚れが溜まりやすくなったりして不潔です。そんな不潔な指だと、女性から触れられたいと思われる存在になる可能性は皆無でしょう。そもそも、2人で一緒に食事に行くことすら、ためらわれるかもしれませんよ。

特に40代以上のオヤジ世代は、爪の手入れに気を配ることができるかできないかの差が人によって激しいもの。幼いころからほとんどの人は、親から定期的に爪を切ることを教わってきたはずですが、その後の心がけで差がついてしまうのです。それにしても、爪を定期的に切れば良いだけのことで、大きくモテ度が変わってくるのですから、きちんと爪は短く切った方がいいに違いありません。モテオヤジを目指すのなら、爪はいつも短く、をモットーに過ごしましょう。

まとめ

とにかく、爪の手入れを怠る男はモテない、というのは事実なのです。主な理由は、自分に触れられたくないから、不潔だから、女性の扱いに慣れていなさそう、と判断されるからですね。素敵な洋服を身にまとったり、上等な靴やカバン・時計などに凝ったりするよりも基本的な部分として、爪の手入れにもっと気を遣うようにしましょう。モテるオヤジは、爪もキレイ、と覚えておいてください。