包容力が豊かだから…好き!

包容力、包容力とは言うけれど、その正体って一体何ぞや? それは、他人の意見を静かに受け止められる、というもの。あなたには「包容力」、ありますか? オーバーエイジのどこが魅力的? と若い女性たちに聞くと、「包容力があるところ」と答える声が多いようです。しかし「包容力」という言葉は、少しアバウトです。いろいろな意味が込められており、一口に説明することできません。ここでは、20代の女性たちが感じている「包容力」の実態について、「喧嘩」に例を取って考えてみましょう。
こちらはOKWaveに寄せられた質問です⇒女性が40オヤジに感じる色気ってありますか?
オヤジの魅力がつづられていますので必見です!!!

感情的にならないオヤジたち

たとえば10代、20代同士で交際していると、あらゆる場面で意見の衝突は避けられません。他人同士ですので、ある程度以上理解し合えないのは当然でもあります。ただし彼らの喧嘩には、あまりにも個人的な「怒り」が込められすぎており、それが事態を泥沼化させてしまいます。静かに議論を交わす、ということが若者には不可能です。 親でも恋人でも「他人は他人」と割り切って考えることができない…つまり自他の区別がついていない、ということです。その点、オヤジたちはやはり老成しています。 「人間は究極、わかり合うことができない」そんな考え方をするオヤジたちは、意見を相手に押しつけることはしません。必要以上に口論を重ねることはなく、あるポイントで自らすっと折れて、「ごめんね」と謝ります。すると女性たちは、「大人だなあ」と胸を打たれて、キュンとしてしまうわけです。これが実は、「包容力」の正体です。

異なる意見も受け入れられる力

もう少し言葉を変えると、「自分とは違う考え方も認められる力」と言えるでしょう。言い争いになっても疲れることがないオヤジたちとの交際は、若い女性にとって、心穏やかなものとなります。まるで大きな海に抱かれているような気持ちになれるわけです。それと比べれば、若い男性の「包容力」は、せいぜい水たまりみたいなものです。 20代の女性と交際したいならば、この「包容力」を持てるように努力してください。相手はまだまだ子どもなんだ、と思えば、どんな間違った訴えかけも、優しく目を細めて見ていられるはずです。海のように広大な心を持ったオヤジを目指しましょう!