セクハラ発言には気を付けよう

オヤジの中には、若い女性との会話の糸口が見つからないばかりに、ついセクハラ発言をしてしまう人もいます。悪気はないのですが、女性からすればとても傷付くことなので気を付けましょう。特に若い女性がオヤジから受けるセクハラ発言は、えげつない内容のものが多く、その場で泣き出してしまうこともあるくらいです。若い女性と対等な恋愛関係になりたいのなら、女性の立場を尊重してください。セクハラ発言なんてもってのほかです。

オヤジがセクハラ発言してしまう理由

若い女性との会話のネタに困ったとき、オヤジたちは失言する確率が上がってしまいます。特に、セクハラ発言が増えてしまうのです。意識している、していないに限らず、女性たちはとても不快に感じます。まだ好意を持っている男性からなら軽くあしらうことができますが、特に何とも思ってない男性からセクハラ発言されるとプライドがずたずたに傷付いてしまいます。

オヤジたちからすれば、ちょっと容姿を褒めただけなのに、セクハラなんて心外だという人もいます。しかし、セクハラは受け手の捉え方の問題であって、オヤジたちに悪気があろうがなかろうが関係ありません。セクハラの判定は、常に女性側にあると考えてください。

コミュニケーションを取るための発言が、セクハラになってしまうのは、オヤジたちの女性に対する認識が間違ったままになっているからです。ひとむかし前は、容姿を褒められることに快感を示す女性が多かったのも事実です。しかし、今は時代が違います。容姿への発言は、よくも悪くも嫌われるので気を付けてください。

若い女性の心はとてもナイーブ

若い女性は、まだ世間に慣れていません。オヤジたちとしては、何気なく言ったひとことが彼女たちにとっては大きなダメージとなることがあります。女性は、自分が言われたことはよく覚えています。セクハラ発言をしてきた男性のことは、一生よく思うことはありません。つまり、二度と恋愛対象として見てもらえない可能性が高いのです。

ナイーブな女性のことを考えることができれば、うかつにセクハラ発言はできないはずです。もしも、本気で恋愛対象と見てほしいと願うのなら、セクハラ発言はやめましょう。女性は、セクハラ発言をしてくる男性とセックスしたいと思うことはありません。せっかくのバイアグラも空振りに終わってしまいますよ。

対等な恋愛関係を築くためには尊敬の心で

男性と女性が対等な恋愛関係を築くためには、尊敬の心を持つことが大切です。年齢差があっても関係ありません。男性が上でも女性が上でもありません。若い女性だからといって、容姿をむやみに褒めたり性的なポイントを指摘するのは、やめましょう。お互いに無意味です。

本気の相手は、尊敬の念を持って接してください。ほかのオヤジたちと一線を画したいのなら、尚更です。女性に本気になってほしいのなら、容姿や性的なポイントでちゃかしてはいけません。セクハラオヤジの認定を受けたら、もう先はありません。せっかくのチャンスを逃さないためにも、セクハラ発言には十分に気を付けてください。

まとめ

若い女性から嫌がられるのが、セクハラ発言です。オヤジの中には、何とかして若い女性と話すきっかけを作りたいと思うあまり、セクハラ発言をしてしまう人もいるでしょう。悪気がないとはいえ、女性たちはとても傷付いています。当然ながら、恋愛対象になることはありません。会社内では問題になり、左遷されてしまうこともあります。セクハラは女性の人格を無視していることであると認識し、彼女たちを対等なパートナーとして尊敬するよう心がけてください。